しゃっくりが出やすい人

しゃっくりが出やすい人って、どんな人

スポンサーリンク

みなさんは、出てほしくないタイミングでしゃっくりがでて、困った経験をお持ちではありませんか。
異性との食事中や、会議中、上司との飲みの席でなど、重要な場面でしゃっくりが出ると焦ってしまいますよね。
では、しゃっくりがどのような原因で出るのかはご存じでしょうか。
しゃっくりが出やすい人も、原因さえ分れば対処のしようがありますよね。
まずしゃっくりはとは、正式名称を「横隔膜痙攣」と言い、横隔膜が痙攣することで起きる、身体の反射運動の事を指します。
しゃっくりにはいくつかの種類がありますが、一般的には横隔膜が刺激されて起こる場合がほとんどです。
その刺激がどのようにして起こるかですが、これが日常生活の様々なところに原因が潜んでいるのです。
炭酸の強いジュースや刺激の強い食べ物、早食いや過剰なアルコールの摂取、横隔膜が刺激を受けやすい笑い方の人が大笑いをした場合、物凄く驚いた場合、ストレスなど、挙げ始めればキリがありません。
しゃっくりが出やすい人は、このような原因を日常生活の中で頻繁に行っている人であると言えます。

スポンサーリンク

しかし、しゃっくりが出やすい人だからと言って諦める必要はありません。
原因となる習慣の改善も必要ですが、止め方さえ知っていれば、しゃっくりはたいして怖いものでもありません。
止め方にはいくつか方法がありますが、手軽にできるものをいくつか紹介したいと思います。
まずは、呼吸で止める方法です。
息を吸える限界まで思いっきり吸います。
そのあと10秒ほど息を止めた後に、ゆっくりと時間をかけて息を吐き出します。
そして、呼吸を整えます。
息を止めている間に横隔膜の痙攣が落ち着くので、そのあとは横隔膜を刺激しないようにゆっくり呼吸してください。
次に、耳に手を入れる方法です。
両耳の中に人差し指を突っ込んで、30秒ほどそのままにしてください。
そうすることで神経を刺激して、しゃっくりを止める効果が期待できます。
最後が、舌を引っ張る方法です。
優しく10秒前後引っ張るだけで、のどの奥の神経が刺激されて、しゃっくりを治める効果が期待できます。
驚かせれば止まるとよく聞きますが、それも間違いではありません。
しかし、しゃっくりを止めるためには相当びっくりしないといけないので、現実的な方法とは言えないようです。
しゃっくりって、物凄く困るものではないけれど、地味にツライものですよね。

そんなときにこれらの対処法を知っていれば、困る回数も少なくなるのではないでしょうか。
次にしゃっくりで困った時は、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク