抗ガン剤 副作用 しゃっくり 治療法

抗ガン剤の副作用で出るしゃっくりの治療法

スポンサーリンク

ガンの治療を行っているという人がいます。
現在ではさまざまな治療方法が行われていますが、手術が行われたり薬が使われるというようなことがあります。
症状やガン細胞の状態にあわせて治療法が選ばれていますが、ガンの治療として一般的なものに抗ガン剤があります。
抗ガン剤はガン細胞を小さくするという効果が期待されています。
これを使ってガン細胞を小さくしてから、手術で摘出するというようなことが広く行われるようになっています。
しかし抗ガン剤も薬の一つとなっています。
薬であるということは副作用の可能性があると考えることができます。
このことをしっかりと頭に入れておくようにします。
副作用としてはさまざまなものがあります。
頭髪がぬけ落ちるというようなこともありますが、吐き気や倦怠感というような症状も現れるようになっています。
このほかに体に現れる副作用として、しゃっくりが出るということがあります。
しゃっくりと聞いて意外と感じる人も少なくありません。

スポンサーリンク

抗ガン剤はガンの治療の際に使われる薬となっていますが、細胞が分裂する中で正常にコピーされずにできてしまった異常細胞が、増殖を繰り返すことで発症するようになっています。
体に現れる副作用としてしゃっくりが発生するということがありますが、これは次のようなことが関係しています。
細胞分裂が阻害されるということで、神経細胞がダメージを受けるということが関係しています。
神経細胞がダメージを受けると、しゃっくり以外の症状も現れるようになっています。
手足のしびれやこわばりというような神経障害も現れるようになっています。
ここでしゃっくりを止める治療法としては次のようなものがあります。
治療法としては氷水を飲むという方法があります。
この他には耳の中に指を入れるという方法でも、しゃっくりを止めることができます。
あまりにも気になって仕方がないという場合には、薬を処方している医師に相談をするようにします。

スポンサーリンク