食事後 しゃっくり 何故

食事後にしゃっくりが出るのは何故?

スポンサーリンク

食事後にしゃっくりが出てしまうということはよくあることです。
しかし、それは何故なのかということが分かっている人は少ないといえます。
しゃっくりは横隔膜というところが痙攣することで起こる現象です。
健康な人でも起こることがあるのでお馴染みといっても良い症状です。
普通は特別に心配する必要もない症状ですが気になってしまう症状でもあります。
食事後に出てしまう原因としては食べる量が多い場合や食べるスピードが速いということが非常に関係しているといわれています。
他にも炭酸飲料などの刺激のある飲み物を飲んでも起こることがあります。
ようはそれらの行為によって横隔膜が刺激をされてしゃっくりを誘発しているということです。
食べ過ぎなどによる場合にはそれによって胃が膨らむことで横隔膜を刺激しているということになります。
食事後に出やすいというのはそういう理由によるところが大きいということです。
それは逆にいえば、食事の摂り方を工夫することで防止することができます。

スポンサーリンク

何故いつも食事をした時に限ってしゃっくりが出てしまうのかと考えている人は一度、食事の仕方を考えてみるということが大切です。
先ほどあげたような理由に当てはまっている場合があるからです。
食べ過ぎである場合には少し量を減らすだけで出にくくすることができます。
食べるスピードが速い場合にはゆっくりと食事をすることでかなり改善するということになります。
しゃっくりの原因はそういったところにあるといえます。
少しの改善に大きく出る頻度を減らすこともできます。
何故いつも出てしまうのかと感じている人は試してみると劇的に改善することもあります。
しかし、まれにではありますがしゃっくりは他の原因で出ている場合もあります。
特に思い当たる点がないにもかかわらず出ているというようなときには注意が必要になってきます。
その判断基準としては丸々2日以上にわたって出続けるような場合です。
そうでない場合には心配の必要はないといえます。

スポンサーリンク