最近しゃっくりがよく出る 原因

最近しゃっくりがよく出る原因

スポンサーリンク

しゃっくりは急に出てきてびっくりすることがあります。
止めようと思えば思うほど、自分の意志ではどうすることもできないしゃっくりは困りものです。
しーんとした場所でしゃっくりが止まらない時はとても焦ります。
しゃっくりは横隔膜の痙攣が原因と言われています。
横隔膜の痙攣は明確な原因がなくても突然に起こるものなので、しゃっくりが出てきたからといって心配することも不安になることもありません。
普通は数分から長くても1時間程度で気づかないうちに治ることがほとんどです。
しかし最近しゃっくりがよく出るという症状で悩んでいる人はなぜ頻繁に出るようになったのか考えなければなりません。
最近しゃっくりがよく出るという人に思わぬ危険がある、その要因をまとめてみました。
しゃっくりは横隔膜の痙攣ですが、タバコやストレスと言った生活習慣が影響していることがあります。
タバコの吸い過ぎは消化器系の病気に進行ししゃっくりを起こすことがあります。

スポンサーリンク

最近しゃっくりがよく出るという人はストレスが原因かもしれません。
ストレスにより神経の一部が緊張ししゃっくりの症状が起きます。
食生活の乱れによるしゃっくりも大きな要因の一つです。
脂ものを多く食べたり、熱いものや冷たいものを好んで食べる人、辛いものなど刺激物が好物の人などもしゃっくりの原因になります。
さらに暴飲暴食や早食いの人はお腹の上にある胃が拡大し横隔膜の神経に当たって刺激を受けしゃっくりが出ることが考えられます。
バランスのよい食生活を心がけ、大食いや早食いにならないように気を付けるだけでもしゃっくりをださせない効果があります。
お酒を多く飲む人も注意が必要です。
胸や呼吸器官に病気を持っている人もしゃっくりが出ます。
肺炎やぜんそくの人は横隔神経を刺激ししゃっくりが出やすくなりますので、かかりつけの医師に相談しましょう。
ただのしゃっくりと思っていたのに、診察を受けたら実は肺にできた腫瘍が横隔膜を刺激していてガンだったという例もあります。
あまりにも頻繁にしゃっくりが出るようであれば、一度診察を受けることが重要です。

スポンサーリンク