食事中 しゃっくり 原因

食事中のしゃっくりの原因

スポンサーリンク

食事中のしゃっくりの原因は、熱いものを食べたり、冷たいものを食べたりすると、それが横隔膜に刺激を与えて、しゃっくりの原因になってしまいます。
では、食事中のしゃっくりを防ぐにはどうしたらいいのかを解説していきます。
まず、しゃっくりが起こる原因とは、横隔膜の組織に何かが原因で刺激を与えてしまうなどで、起こってしまいます。
食事中にしゃっくりが起こってしまう原因には、上記で述べた原因以外にも様々なものがあるのです。
それを挙げていくと、ビールや日本酒などのアルコール飲料の飲酒や、辛いものを食べていることなどや、食事をするスピードが速すぎる、食事の量が多い、炭酸飲料を飲んでいる、誰かと話をしながら食事をしている、などが挙げられます。
対策としては、食事をよく噛んで食べることや、食べすぎないことや、食事をするスピードを少し遅くする、熱い食べ物や冷たい食べ物は、なるべく常温に戻して食べるなどの対策があります。

スポンサーリンク

では、次にしゃっくりの止め方を解説していきます。
もし、上記の対策をしても、起こってしまう場合には、これから書くことを行うようにしましょう。
まず、有名なところでは、息を止めるなどがありますが、やり方としては、限界まで息を吸って、8秒から15秒ほどのあいだ息を止めて、その後に少しづつ、ゆっくりと息を吐く、そしてゆっくりと息を吸うというやり方です。
他には、いきなり驚かせる方法があります、驚くことによって、横隔膜に刺激を与えて止めるという方法です。
あまり知られていない方法もあります。
それは舌を引っ張る方法です。
舌を引っ張ると、神経に刺激が伝わるので、止められるというものです。
あとは、横隔膜がある部分を手で押さえる、という方法もあります。
この方法は、他の方法ほどは効果はありませんが、状況によっては効果的な方法になることもあります。
最期に、ストレスなどによるものもありますので、ストレスをためないようにすることも重要になってきます。

スポンサーリンク