しゃっくり すぐ出る 原因 対処法

しゃっくりがすぐ出る原因と対処法

スポンサーリンク

普通に過ごしていても急にしゃっくりが出て困ったりびっくりする人も多いでしょう。
大事な用事でどこかに行く時など、早く止まって欲しいと思う人も多いかと思います。
すぐ出る人とは一体何が原因なのでしょうか。
原因は一般的に急いで食べ物を食べた時や一気に飲み物を飲んだ時、香辛料を沢山摂取した時や急に大声を出したり笑いすぎた時などです。
特に香辛料が体に合わない人は使いすぎるとすぐ出るので程々の量にしましょう。
食事も急いで食べる事が癖になっている人はすぐ出る原因となっているので対処法として、ゆっくりと噛んで落ち着いて食べると良いです。
しゃっくりには何種類かあります。
中枢性しゃっくりは中枢神経が刺激され起こり脳卒中やアルコール中毒などの可能性もあります。
また末梢性しゃっくりは末梢神経が刺激されて起こり気管支喘息や肺炎などの病気の場合もあるのであなどれません。
横隔膜刺激しゃっくりは横隔膜が刺激されて起こり、一般的なものはこれに当たります。

スポンサーリンク

詳しく言うと横隔膜が痙攣する事により体が勝手におこす反射運動なのです。
また、声帯の筋肉が収縮し段々と狭く細くなってしまった声帯を急に息が勢いよく通ろうとする時に出る音がそうなのです。
大抵ほとんどは一時的に出るだけで放って置いても数分でおさまり、長くても一日くらいで止まる事が多いので自然におさまるまで待っても問題はありません。
どうしても早く治したい場合は、他の人に驚かしてもらうなど誰もが知っている対処法を試してみるといいです。
他にも息を止めて水を一気に飲み干すとかツボを押すとか、息を思い切り吸って息を止め数秒我慢するなど色々な対処法があります。
これはネットなどで調べてみれば沢山見つかると思うので、ここで上げた例では効果がない人は自分で検索するのがお勧めです。
しかし自分で色々試してみても効かない場合や、何日経っても全然しゃっくりが止まらない時などは何かしら重大な病気が隠れている可能性があるので病院を受診するべきです。

スポンサーリンク