食べた後 しゃっくり 原因

食べた後のしゃっくりの原因

スポンサーリンク

しゃっくりとは肺の下にある筋肉の横隔膜の痙攣が原因で起こります。
横隔膜やその周辺の筋肉が痙攣して、声門が閉じることによって特有の音を発します。
主な原因として、極端に熱いものや冷たいものを摂取したり、炭酸飲料やアルコール、香辛料などの刺激物を体内に取り込むと、横隔膜が刺激され痙攣を起こします。
また、食べる量が多かったり、食べるスピードが速いなど胃が膨らむことによって、食べた後しゃっくりが出やすくなります。
話をしながら食べたり飲んだりしていると、空気も一緒に体内に入ることによっても引き起こされます。
食べた後よくしゃっくりが起きるという人はたばこを吸いすぎが原因であることがあります。
嗜好品であるたばこはリラックスできますが、体には負担をかけてしまいます。
しゃっくりは健康の人でもよく起こりますし、大半は短時間で自然に止まるので放置していても問題ありませんが、長時間続くと苦しくなってしまいます。
酷い場合は睡眠不足や食欲低下にも繋がります。

スポンサーリンク

食べた後のしゃっくりの対処法はあるのでしょうか。
30秒ほど息を止めてみたり、水を一気飲みしたり、深呼吸を繰り返したり、誰かに驚かしてもらったりと、本当に止まるかは別として様々な対処法があります。
コップの水を反対側のふちから飲むと、口蓋垂を刺激して舌や咽喉の迷走神経に刺激を与えることによって、横隔膜の痙攣を止める効果があると言われています。
他には、耳の奥に脳から腹部に走る迷走神経が通っていることから、両耳に人差し指を突っ込んで刺激を与えて止まることがあるようです。
しかし、食事の摂り方を見直すだけで改善することがほとんどです。
一口を少なくしてよく噛みながら食べたり、腹八分目を保ったり、冷たすぎるものを避け常温で食べたりするだけで改善されます。
頻繁にしゃっくりが出続けたり、長時間止まらない場合は病気が隠れている可能性もあります。
肝臓がんや脳梗塞、横隔膜下腫瘍、肺炎やアルコール中毒、痛風などの病気が考えられるので、まずは内科を受診してみることをおすすめ致します。

スポンサーリンク