横隔膜 痙攣 止める

横隔膜の痙攣を止めるには

スポンサーリンク

横隔膜の痙攣と聞いて、非常に重大なことが体の中で発生していると考える人がいます。
しかし横隔膜の痙攣といっても、これは人間の生理現象の一つであるしゃっくりのことになります。
しゃっくりは誰もが一度は経験したことがあるものとなっています。
自然に任せておくと止まるようになっています。
しかしあまりにも頻繁に出てしまったり、会社の会議の時など大切なときにしゃっくりが出てしまうと、非常に困ってしまいます。
そこで横隔膜の痙攣を止める方法というのがいくつかあります。
しゃっくりを止める方法として、息を止めるというものがあります。
10秒程度息を限界まで吸います。
そして10秒間息を止めて10秒で息を限界まで吐くようにします。
その後ゆっくりと5秒で息を吸います。
その後は楽の呼吸を行います。
これを何度か繰り返すことで止まるようになっています。
限界まで息を吸うということで、横隔膜が動く余地をなくすというのが仕組みとなっています。

スポンサーリンク

この他には長く深呼吸をするという方法があります。
深呼吸を2回から3回行います。
その後で大きく息を吸って限界まで息を止めます。
ゆっくりと時間をかけて息を吐くようにします。
これを5回から6回繰り返すようにします。
深呼吸にはリラックス効果があります。
したがってストレスが原因となって発生しているしゃっくりには効果があります。
とくに道具を用意する必要がなくどこでもできる簡単な方法となっています。
また人差し指を耳の中に入れるという方法もあります。
両方の耳に指を入れて1分程度軽くおさえると止まると考えられています。
喉の奥の延髄とつながる神経と関係していると考えられています。
延髄というのは呼吸や嚥下を司る部分となっています。
食べ物を食べたときなどに延髄に続くセンサーが働くようになっていますが、延髄が興奮してしゃっくりが発生しやすくなっています。
しかし耳の中に指を入れることで、このセンサーの興奮を抑えることができると考えられています。

スポンサーリンク