しゃっくりのような痙攣 症状 原因

しゃっくりのような痙攣の症状の原因

スポンサーリンク

しゃっくりのような痙攣が発生するというようなことがあります。
このようにしゃっくりのような痙攣が発生するときに考えられている病気があります。
それがミオクロニーてんかんということになります。
ミオクロニーてんかんとはどのような特徴があるのかというと、幼児に発症することが多くなっています。
てんかんとは慢性の脳の疾患ということになります。
反復性の発作が発生するというのが大きな特徴となっています。
年齢や性別に関係なく発生するようになっています。
発作が発生したときには、急に意識を失ったりしゃっくりのような痙攣をすることがあります。
全身が痙攣するというようなこともあります。
1000人に5人から8人の患者がいると考えられています。
なぜこのような症状が現れるようになっているのかというと、脳の神経細胞の一部が、異常な電気活動を引き起こすということが考えられています。
その結果発作などの症状が現れるようになっています。

スポンサーリンク

ミオクロニーてんかんは、小さい子供に発症することが多くなっていますが、持続時間が長いというのが特徴となります。
また何度も発症するようになっています。
両親や親戚にてんかん患者がいるというような場合には、高い確率で発病すると考えられています。
筋肉が収縮して元の状態に戻らず、そのあとで脱力をするという脱力発作の症状があります。
この他には、筋肉が収縮した後にさらに硬くなるというような、ミオクロニー強直発作などがあります。
これは生後6ヶ月から3歳までの間に発症することが多くなっています。
しかしこの時期特有の反射的な動きとの区別がつきにくくなっています。
しかしミオクロニーてんかんの場合には症状が連続して発生するという特徴があります。
お風呂に入ったり発熱などの症状で発作が誘発されるということがあります。
この他に脳を刺激するというような強い光の点滅が発作の原因になることがあるので、注意が必要となります。

スポンサーリンク