しゃっくり みぞおち 痛い

しゃっくりでみぞおちが痛い時には

スポンサーリンク

人間の体にはさまざまな機能があります。
またいくつかの生理現象もあります。
生理現象に関しては、自分の意志でコントロールすることができないようになっています。
したがってゲップやしゃっくりに関しては止めたくても止めることができないようになっています。
大切な会議のときにこのような症状が現れたときには、非常に困ってしまいます。
しかしあまり深刻に考えるということがないので、原因や対処法を知らないという人が多くなっています。
しかし頻繁にしゃっくりが出てみぞおちが痛いというようなときには、何か病気が関係していることもあるので、注意が必要となります。
なぜしゃっくりが出るようになっているのかというと、その原因は次のようになっています。
それは横隔膜というお腹と胸の間にある筋肉で呼吸をするときに使う部分が、何らかの原因によってけいれんを引き起こしている状態となっています。
とくに子供が引き起こすことが多くなっています。

スポンサーリンク

しゃっくりが頻繁に出てしまうと、自分の呼吸のコントロールをすることができないので非常に困ってしまいます。
普通の状態の時には、息を止めることで発生するのを抑えることができるようになっています。
しかしあまりにも頻繁に出てみぞおちが痛いというような場合には、何か内臓に関する病気の可能性が考えられます。
ここで考えられる病気は次のようになっています。
しゃっくりが出てみぞおちが痛いというようなときには、心筋梗塞の前兆であると考えることができます。
動脈硬化や高血圧や糖尿病などが関係していると考えられていますが、肥満や喫煙やストレスなども関係していると考えられています。
しゃっくりやゲップが出たり、少し動いただけで息切れがするというような症状が現れるようになっています。
狭心症の場合にはこれらの症状が5分以内で治まるようになっています。
しかし痛みが続くというような場合には、心筋梗塞の可能性があります。
すぐに病院を受診するようにします。

スポンサーリンク