子ども しゃっくり 原因

子どものしゃっくりの原因

スポンサーリンク

一緒に生活をしている中で、子どもがしゃっくりをするというのも珍しいことではありません。
これは人間の生理現象の一つとなっていますが、止めようと思っても自分の力で止めることができないという特徴があります。
少しくらいなら我慢をすることができますが、子どもの場合は体全体が揺れているというように感じることもあるので非常に心配になります。
子どものしゃっくりの原因となっているのは、横隔膜が痙攣をしていることになります。
しゃっくりは横隔膜痙攣という病名があります。
ここで考えられる原因としては、横隔膜への直接的な刺激となっています。
それは子どもが急に食事をして、横隔膜に近い臓器が膨張して刺激を受けると言うことが背景にあります。
このほかには子どもの場合、何らかの病気が原因となっていることも考えられています。
それは肺炎や気管支炎などで、これらが原因となっているものは、末梢性しゃっくりと呼ばれるようになっています。
このほか脳腫瘍が関係している場合には、中枢性しゃっくりと呼ばれています。

スポンサーリンク

子どもが炭酸ジュースを飲むと言うことがあります。
このようなときに、げっぷのかわりにしゃっくりが出ると言うこともあります。
このときに考えられる原因としては、気管支に炭酸が入ったと言うことが考えられています。
その結果横隔膜が刺激されると言うことがあります。
しゃっくりが発生したときには何とかして止めたいと考えるのは当たり前のことです。
そこでいくつかの方法が考えられています。
息を止めるという方法がありますが、これは横隔膜の周辺の筋肉を縮小させることになるので、その結果横隔膜の痙攣を抑えることにつながります。
このほかには驚かせるという方法があります。
びっくりすると、それが刺激となって横隔膜の痙攣が治まることがあります。
横隔膜の動きが異常となっていることが原因となって発生しているので、ゆっくりと息を吸うという方法も効果があります。
胸に手を当てたり、コップ1杯の水を飲むという方法もあります。
このような方法で解決することができます。

スポンサーリンク